特別なサービス 終活コンサルタント始めました。

病気知らずの身体の作り方|病気に対する対処法3選

年齢に負けず、重篤な病気にならないために 

長年シニア世代を看護してきた筆者が、病気になりにくい体作りになる


要素として以下の3つが考えられます。   

他にも多くの注意すべき点はあります。 

筆者は上記3つが最も大切だと感じています。 

それでは栄養・運動・睡眠について深堀していきますね。 

スポンサーリンク

なぜ歳を取るだけ病気になっていくか?

年齢を重ねていくと、免疫力が低下していき病気になりやすいと

お話ししてきました。 

免疫力はシニア世代では、20代の約半分にまで減ってしまうそうです。

免疫力が低下してくるとどのようなことが起きるのでしょうか? 

まず感染症にかかりやすくなります。 

免疫力が低下すると高齢者でなくても風邪を引きやすくなったりしますよね。 

免疫力は人間に備わった最大の防御機能です。 

免疫力によって、外部から侵入してきた敵をやっつけてくれます。 

内部では普通でない細胞などを見つけて攻撃してくれます。 

多くの免疫力の兵隊がいれば簡単にやっつけてくれますが   

少なければ敵にやられてしまうことになります。 

これが病気になりやすい理由ですね。 

病気になっていく原因はなに?

シニア世代が病気になってしまう原因は以下が考えられます。 

 高齢者でなくても、疲労や睡眠不足などで免疫力が低下します。 

先ほどもお話ししたように、身体の防御機能が低下すると  

病気に打ち勝つ力が低下します。 

病気になりやすくなるんですね。 

感染症だけではありません。 

ガンも他の病気も免疫力が関係しています。 

免疫力は人間にとって非常に大事なのです。 

 年齢を重ねていけばいくほど、全身のあらゆる器官・機能が低下します。 

臓器も同じように機能が低下していきます。 

内蔵も働きが悪くなりますよね。 

骨や筋肉、関節も動きが悪くなります。 

働きが悪くなると、正常な機能ができなくなるので  

循環することも滞ったり、流れが悪くなったりすることで  

病気になります。 

人間には自律神経を正常な状態に常に整えます。 

これを恒常性といいますが、少しでもバランスが崩れると  

体温調節機能がうまくいかなかったり  

体内の水分バランスを調節できなかったりして  

脱水になってしまうこともあります。 

シニア世代の会話などでよく歳だから治りが悪いなどと  

聞いたりすることもあるかと思います。 

けがや痛みがでた場合など、回復するのにかなりの時間がかかります。 

これもさまざまな機能低下によるものです。 

筋肉や関節の動きも歳と共に動きが悪くなっていきます。 

風邪などで寝込んだときによくわかると思います。 

2~3日寝込んだだけで、起き上がって歩いたときに  

フラフラしたことがないでしょうか? 

このように、足の筋肉は機能低下が顕著にでてきます。 

もともと筋力低下しているシニア世代が入院して寝込んだら  

どうなるかわかりますね。 

おひとり様シニア世代が注意しなければならない点

おひとり様シニア世代が、病気にならないようにするのは不可能ですが  

予防することは可能です。 

以下の点に注意してはどうでしょうか? 

* 病気にならないようにすることが一番で、一人だから面倒だから  
  と栄養が偏るような食事をしないように、日頃から気をつける。 
* 食物繊維をしっかり取ることと、腸活に良いとされる食べ物を積極的に摂取する。 
* 飲酒はほどほどにし、喫煙もやめてしまう。 
* ジャンクフードはやめ、食品添加物もなるべく避ける。 
* 水分はしっかりと多めに取る。 
* 家の中を移動するときでも、常にスマホは持ち歩く。 
* 常に連絡が取れる人を一人確保しておく。 
* ストレスはうまく解消する。 

おひとり様の注意点を書いています。 

こちらも合わせてお読みください。 

病気にならなくするのは無理だとしても、予防方法は?

病気にならないように注意する点、ひとつめは栄養をしっかり取ることです。 

医食同源という言葉があるように、私たちが摂取する食べ物は  

自分たちの身体を構成していくものになります。 

身体に良いものを食べれば、病気になりにくくなり  

身体に悪いとされる食べ物を食べれば、病気になりやすくなるかもしれません。 

ただし、今はネットの時代なのでさまざまな情報が行き交っていますね。 

どの情報が正しいかがわからなくなってきています。 

ネットユーザーは情報に踊らされているのです。 

科学的根拠に基づいた正しい情報を取るように心がけましょう。 

必ず食べなければいけないものは  

1 炭水化物  
2 タンパク質  
3 脂質  

ただしバランスが必要です。 

糖尿があるから、ダイエットしているからと  

極端な食事制限をすると、身体の機能低下をもたらします。 

機能低下を起こしてしまうと、さまざまな症状もでてきます。 

腎臓病を患っている人は、タンパク質を制限しますが  

病気のため仕方のないことです。 



タンパク質は年齢を重ねるごとに食べる量が減ってきています。 

高齢になればなるほど減らさず食べてほしい栄養になります。 

高齢だから負担になるのでは?消化の良いものと考えた献立だとは思います。 

タンパク質を減らしては、筋肉を維持していくうえで  

大切な栄養源になるので、絶対減らしてはいけないのです。 

脂質は現代では取りすぎの傾向にあります。 

ジャンクフードを過剰に摂取し  

グルメと呼ばれる食べ物には脂質がたっぷり含まれているものもあります。 

しかし、ダイエットなどで脂質をまったく食べないことが問題になっています。 

動物性油脂はあまり摂取しない方がいいですね。 

オリーブオイルなどの植物性油脂はぜひ食べてほしい油になります。 

運動は若さを保つためにも、身体機能を維持させていくにも  

大変有効です。 

研究では、非常に負荷のかかる運動よりも  

少し筋肉に負荷のかかる筋トレが筋肉の維持に有効といわれています。 

有酸素運動も良いですが、軽い筋トレもさまざまな維持改善に


有効とされています。 

ガンの予防であったり、精神的な問題にも、怪我の予防であったり  

そして、身体のあらゆる器官の働きを向上させることに役にたちます。 

ジムもいいですが、自宅で簡単にできる自重筋トレがオススメです。 

武田薬品工業の調査によると、日本人の68.7%が睡眠に

なんらかの問題を抱えていると発表されています。 

これだけの方が睡眠に不満を持っているのですね。 

睡眠は、なぜ大切かというと生活してくうえですべてに影響を及ぼすからです。 

睡眠不足になれば、起きても疲れが取れていないだけではなく  

ぼーっとしたり、集中力が続かなかったりして  

仕事に影響がでてきますよね。 

人生の三分の一は寝て過ごすことになりますから  

いかに大切かがわかります。 

おひとり様の場合、不安材料が多く心配で眠れないこともあるでしょう。 

一つひとつ問題を解決して眠れるようにしていきましょう。 

しっかり眠れれば、次の日は充実した生活を送れます。 

まとめ

筆者が考えるおひとり様や高齢者の方が元気で病気になりにくい  

身体の作り方は  

いろいろな考えはあると思います。 

筆者は長年老人看護をしてきた中で経験した  

病気になりにくい対処法です。 

多くの方を見てきたところ、食事をしっかり取り、自主的に運動をし  

しっかり睡眠を取っている方は非常に元気です。 

たしかに、生活するうえでいろいろなストレスもあるでしょう。 

元気な方はストレスをうまく解消して、明るく暮らしていると感じます。 

少しだけでも、実践して病気になりにくい体作りをしてはどうでしょうか? 

Follow me!

シェアしてくれると喜びます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP